前へ
次へ

大学入試は準備が大切です

大学入試の時、私は大阪の大学を受けに岡山から出ていきました。
それまで、大阪に旅行などで来たことはありましたが、それは親と一緒に行動していたため、自分で計画を立てたことはありませんでした。
地名についても読むことさえできず、吹田を「ふいた」と読むレベルであり、かなり不安な状況で出発することになりました。
早速、心配の一つである、バスでの車酔いを体験し、よろよろと何とか現地に到着することになりました。
しかし、これも織り込み済みであったため、2日前の到着にしておいたのです。
翌日は、ホテルから現地までの道のりを大学入試の受験時間と同時刻に出発し、込み具合を体験しておこうと思っていました。
思ったように順調に体験できたことで、昼ご飯をどこで準備するかなど想定することができ、準備万端で入試当日に臨むことができました。
今考えれば、電車が不通だった時の代替交通手段などを想定していなかったことを思い出しますが、準備の大切さを痛感した日でした。

Page Top