前へ
次へ

大学入試に備えて模試を受ける目的

大学入試は推薦入試や一般入試がありますが、多くの学生が受験して合格を勝ち取ろうとするのは一般入試での合格でしょう。
基本的に学力考査のみで合否が判定されるので、試験日に学力がピークになるように勉強していれば大逆転もあるかもしれません。
受験生の中にはとても合格ができないような成績だった人が奇跡の合格を勝ち取ることもあるようですが、ただコツコツ勉強しているだけで合格することができるのかです。
大学入試においては自分で問題集を解いたりするのもいいですが、予備校などが実施する模擬試験の受験をするのもいいかもしれません。
一回の受験料が数千円するので決して安くはないですが、得られる情報は非常に多いと言えるでしょう。
まず現状における自分の学力を知ることができ、志望校に入学するのに何が足りないのかなどが把握できます。
その他各大学を志望している受験生の数やその中での順位などが分かり、受験する大学を決めるときに役立つでしょう。

Page Top